2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃太郎 2

★前回のつづきですので、「桃太郎1」を先にお読み下さいませm(_ _)m




マルチーズを飼い始めた身内の、
飼育状況のひどさに驚きあきれて
ワタシが自宅へ連れ帰ったところからです。



かわいがられず、放置され、怒られ、叩かれ、虐待され、
玄関スミに置かれたケージの中で小さくなっていたマルチーズ、丸。


思いつく限りの罵詈雑言を浴びせてやりたい所だったが
そのような事をしても無駄だとわかっていたのでしなかった。
元々人の意見に対して
「ああ、そうだね」
「そういう考え方もあるんだね」
といった受け止め方の出来る人ではない。
間違った飼い方についてあれこれ言ってみたところで
「馬鹿犬のせいだ」
「私は悪くない」
「迷惑を被ったのはこっちだ」
この繰り返しで、こちらが疲れ果てるのは目に見えていたからだ。



余談だが。
この身内は、その後知り合いからメスの捨て猫を貰い受けた。
もちろん動物病院の診察など一切受けていない。
猫白血病や猫エイズといった病気の確認、治療や予防など一切していないわけだ。
で、この猫を半外飼いしていたので、当然妊娠する。
お腹が大きくなって初めて、様子がおかしいと言い出した。
妊娠してるよ子猫産むよと教えると、
家が汚されると言いダンボールを用意し出した。
産室準備ではない。
閉じこめるためだ。

何日かして子猫が産まれたと連絡が来た。
4頭の内2頭死産、2頭が不安な状態ながら息をしていた。
結局子猫は数日後には息を引き取ってしまった。
このようなことがあっても、半外飼いをやめないので当然再び妊娠する。
繰り返しである。
2回目の妊娠後に、手間がかかって困るから山へ連れていって捨ててきたと
せいせいした顔で言うのを聞いた時は、心底軽蔑した。
最低である。

この人間が直系血族であることすら厭わしかった。
人生終盤の年齢になってこれかよっ!!!! である。
動物を飼う資格はない。
肉親の情はあっても、残念ながら尊敬できる人物ではない。





さて。
突然住まいも飼い主も変わる。
何もかも変えるなら名前も変えようと思った。
この判断が最良であったかどうかは自信が無い。
ただ再スタートするのであれば、全てリセットしたかった。
病院で処方された薬ですっかりキレイになった皮膚が
プリンプリンの桃色だったので『桃太郎』
けっこう安易につけてしまった気もする。
でも、強くて元気で賢い桃太郎!になって欲しいと思っていた。



自宅に連れ帰ってはきたものの、犬の飼育経験は乏しく
知識もほとんど無い状態。
どうしたものかと本を読んだりネットで調べたり。
子犬のしつけ方とか、子犬の迎え方等の情報はたくさんあった。
しかし虐待を受けた犬への接し方を教えてくれるものではなかった。
そんな中、非常に参考になったのは動物の保護活動をしている方々のHPだった。
繁殖場の崩壊、飼育放棄、虐待等々・・・
信じられないような出来事が現実に起きているのだと初めて知った。





人間が撫でたり触ったりしようと手を出すと唸る犬。
とにかく安心できる環境を作ろうと思った。
ケージを室内リビングに設置しても、隠れるように玄関のスミに行ってしまう。
作りつけの下駄箱の下、奥の奥のほうへ潜り込み出てこない。
それならば、徐々に慣らしていこうと思った。


ケージは玄関へ。
フードと水はリビングへ。
お腹がすいたりのどが渇けばリビングへ行かなければならない。
1階玄関~リビング~キッチンはフリーにしておいた。
初めは人間がいない時を待って忍者のようにコソコソッと移動していた。
1週間ほどすぎると人間がいてもリビングに来るようになった。
それでもまだ警戒は解いていない。
全身緊張状態での食餌・・・かわいそうだが慣れるためにはとガマンの時期だった。



散歩のためリードをつける際は、まったく抵抗しなかった。
抵抗すればたたかれていたのではないかと思う。
外に出れば、可能な限り人間から離れようとする。
リードを引っ張るのではなく、人間との距離を保とうとしていたのである。
そこまで人間が嫌いになってしまったのかと暗澹たる気持ちになったのを覚えている。



「桃太郎 3」につづく!





ぽち。と応援よろしくですm(_ _)m
dog



こっちもぽちぽち。


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://momolan113.blog114.fc2.com/tb.php/17-b4a0d22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魅惑のカラーバリエーション «  | BLOG TOP |  » ケシカラン!!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

桃蘭

Author:桃蘭
○桃太郎 ももたろう
12才 
マルチーズ♂
ビビリでやさしい白いおっさん

○蘭丸 らんまる
5才
ロングコートチワワ ブラックタン♂
散歩とごはんとおもちゃ
あと、白いおっさんがいれば安心。

◎管理人 桃蘭
流離いの散歩人

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリ

オセロ兄弟 (75)
桃太郎 (6)
蘭丸 (0)
日々の出来事 (53)
未分類 (9)
クリスマスプレゼント (3)

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。